【クリエイターインタビュー】遊びのクリエイト集団:そよ風工房
2017年11月02日 00時04分narikiri,クリエイター,インタビュー

narikiriのスタッフが実際に登録している制作者さんにインタビューし、それを記事にするクリエイターインタビュー!今回インタビューにご協力してくださったのは大阪を拠点に活動されている「遊びのクリエイト集団:そよ風工房」さん!お一人ではなく、様々な技術を持つ方々で構成されたクリエイター集団です!それぞれの得意分野で対応できるので、制作出来る種類も豊富です!



プロフィール

個性豊かなクリエイターの方々が中心となって構成されている団体です!イラスト・造形・縫製等の様々な技術を持ったメンバーが所属しています。1人ではできないことでも工房のメンバーたちはアイデアを絞り出し、あらゆるものづくりを可能にします!



創作活動をはじめたきっかけ

もともとは何事にも縛られずに自由に遊び、自由に創作したい!そんな考えを持つ人々が集まり、出来上がった集団だといいます。集まってくる人々はクリエイターの方が中心ということもあって、自然に遊びはものづくりに。1人ではできなかったことも複数人集まれば実現できることも多く、実用性や必要性はさておき、何か自由創ろう!という思いをもって、今日まで活動していると言います。


そよ風工房の工房の様子



創作活動に対する想い

「楽しく真面目にバカをやりつつ創作をする」と語るそよ風工房のメンバー。ものづくりにおいて、何を重視するかはその時の状況によって変わってくるもの。ただそうは言っても、何よりも本気で楽しく取り組めないと創作活動ではないと考えているそうです。利益優先というよりも、楽しくものづくりをした上で利益が出ればと話してくれました。


掲載用のためだけに茶番劇を繰り広げてくれたメンバー(笑)



こだわっている点

創作活動において1人で取り組む必要はないと考えているそうです。気になることがあればメンバーで話し合い、お互いに技術面のアドバイスをすることも。そしてその時には、メンバー各々のネットワークを活用する場面もあるといいます。というのも、常に新しいアイデアを取り入れるアンテナの広さと、人と人の繋がりを大切にしたいとのこと。また、せっかくの作品が、一回使っただけで壊れてしまうのは寂しいので、耐久性や可動性を意識しながら、衣装や造形物を創っているとも語ってくれました。



使ってくれる人への想い

依頼を受けて制作したものに関しては、受け取ってどうだったか、実際に着てみて・使ってみてどうだったかをSNS等にて発信してくれるととても嬉しいと語ります。また、そよ風工房が制作したという実績として宣伝させてもらえるとクリエイター冥利に尽きるとも話してくれました。


建前や聞こえの良い内容ではなく、とてもクリエイターらしいというか人間らしさ全開でインタビューに応えてくださったそよ風工房のメンバー!このような、真にものづくりを楽しむ集団こそが、今までにない新たなものづくりの分野開拓のきっかけを創り出していってくれるのかもしれませんね!