オーダーメイドが思ったより高い理由【工数編】
2017年09月18日 22時16分値段

今回は、オーダーメイドとレディメイドの価格が違う理由の一つ「工数」について見ていきます!



どうして価格が違うのか…という大まかな説明については「オーダーメイドが思ったより高い理由【一般編】の記事にて説明しています!



そもそも工数ってなんだろう



まず工数とはなんでしょうか。
物を作るとき、仕事をするとき、ゲームをするとき…
なにか目標があって、それに進んでいく手順の数。
それが工数なんです。



オーダーメイドは工数が増える上に、基本的に1点もの!



オーダーメイドの場合は、まず依頼者と制作者で話し合います。
(あとで齟齬が生まれないようにするため、時間をかけてしっかり行います。)
その後で、あなたの要望にあったデザインや型紙を、ひとつひとつ手作業で作成していきます。
そうして出来上がった完成品もひとつだけ。
こうやって時間をかけて出来上がった品物から、代金はひとつ分しかとれません。







レディメイド(既製品)は分担ができたり大量生産しやすい!



大雑把ですがレディメイド(既製品)の場合は、デザイナーが仕上げ、パタンナーが作り、ディレクターがまとめあげ、工場に発注。
あとはひたすら大量生産をします!
つまり一度流れが出来てしまえば、あとは工場で作るだけになります。







だからオーダーメイドの方が高くなる!



こういった理由で、どうしてもレディメイドよりも高くなってしまうことが多くなってしまいます。
工数というコストの多さと、そこから出来上がる製品の少なさ。
これが値段の違いのひとつです!

他にも様々な要因がありますが、今回はここまで。
もし興味があれば、他のページも見てみてください♪