依頼者向け:成約率を上げるワザ
成約

narikiriで依頼内容を作成したのはいいものの、誰からも声がかからない、必要な時期が迫っているのに創ってくれる人が見つからない!そんなあたなにお届けするちょっとしたワザを紹介しちゃいます!これを実践するだけで成約率はググンと上昇!narikiriだけではなく、ものづくり全般を依頼する時にも役立つ情報満載なので、ぜひご覧ください♪



制作を依頼するために必要な作業


まずはマイページにてプロフィールを入力!自己紹介や趣味を記入しておきましょう!依頼してくる人がどんな人なのかが分かっていると、相手も相談しやすいですし、信頼度が増します!プロフィール設定が終わったら、早速創ってほしいものを依頼しましょう!新規の依頼作成ページにて内容を記入!必要事項を記入していざ依頼開始!・・・とその前にぜひ以下の点をチェックしてみてください!ここが曖昧だったり相場観とズレているとなかなか成約には繋がりません!まずは依頼内容を適当に書かずにできるだけ詳細に書くことが成約への第一歩です!


依頼内容を作成する際にチェックするポイント

・イメージを想起させる画像は掲載しているか

・色味や素材の指定はあるか

・依頼したいパーツは細かく明確に記入してあるか

・どんなシーンで利用したいかを記入してあるか

・依頼内容にあった予算を明記しているか


予算の相場に関しては、依頼内容によって大きく変動があるので、制作者とのやり取りを通じて決定していくのがベストです!おおよその目安としては

・小物系:2万〜

・衣装系:5万〜

・造形系:8万〜

を念頭においておくとGOOD!もちろん提示した額より予算が上回る場合も下回る場合もあるので、それらは制作者とのやり取りを通じて決めていきましょう。決して勘違いしてはいけないのが、オーダーメイドは既成品と違い、1からものづくりを行うので、その分手間も費用もかかります。「ネットだと1万ぐらいで売っているイメージだからそれくらいで作ってよ!」というスタンスで依頼を行うと、ほとんどの場合で成約が成立しません。その点を考慮しながら予算を記入していきましょう!



待っていてはダメ!自分から声をかけにいきましょう!


必要事項を記入して制作募集が完了したらそれで作業終了!・・・というわけにはいきません!もちろん制作者の方から相談が持ちかけられる場合もありますが、よりスピーディーにかつ高確率で成約を行いたい場合は、自分から積極的に制作者の方々に相談をしていきましょう!

もちろん制作者の方は皆さん制作経験を持っているので、依頼内容の不足部分なども細かく聞いてくると思います。そこは面倒だと思わずに、質問には出来るだけ詳しく丁寧に回答しましょう。お互い人同士なので、気持ちよくやり取りできたほうが完成するアイテムもきっと良いものになりますよね!

もちろん、複数の制作者に同時に声をかけて相見積もりを取るのもOK!自身の希望にあった制作者を見つけて、依頼を行いましょう!



成約を行う前には充分なチェックを!


希望の制作者を見つけ、詳細を伝え終えたあとはいよいよ成約書に同意を行います!成約書自体は制作者が作成し、その内容に不備がなければ同意する、という流れになっています。基本的に同意したあとはその内容を解除できないので、成約に同意する前に、依頼内容を詳細に伝えきれているか、自身で伝え忘れていることはないかを充分にチェックしましょう!オーダーメイドは一度制作工程に入ると後戻りが出来ません。言い忘れていた、伝え忘れていた、は依頼者の責任になるので充分に注意しましょう!



手元に届くまで制作者とは密なやり取りを!


成約書に同意したらあとは放置!・・・なんてしてしまったら結局希望の物が届かない可能性も出てきます!そうなったら制作者の責任ではなく依頼者の責任になってしまいます!そうならないためにも、制作過程での制作者からの質問にも丁寧に回答しましょう!定期的に制作過程も伝えてくれるはずなので、それを確認しながら、伝えていた内容と異なる部分がある場合は早急に伝えましょう!制作途中で指摘した場合、修正できる可能性もあるので、積極的に伝えていきましょう!オーダーメイドは人対人のコミュニケーションがあってはじめて成り立つものです!納得のいくアイテムを作ってもらうためにもイメージの齟齬が出ないようにやり取りを行っていきましょう!




以上が成約率を上げるワザになります!

双方で密なやり取りが必要な部分が多いですが、その部分をないがしろにしてしまうと、イメージしていたものと違った物が届いてしまうなどのトラブルの原因になる可能性があるので、必ず行っていきましょう!